兼六園そばに野球場がありました。

石川県営兼六園野球場

加賀百万石の金沢の代名詞でもある日本三大庭園、兼六園兼六園に隣接する、第二次世界大戦までは陸軍用地として使用されていた旧陸軍出羽町練兵場の公用地に、石川国体の開催に合わせて1947年10月25日に完成しました。

完成時は両翼85m、中堅90mと狭さが指摘された通り、1948年4月に初めて開催されたプロ野球公式戦・太陽ロビンス-急映フライヤーズ戦で両チーム6本塁打と、ホームランが多すぎて、同年9月に100万円の費用をかけて両翼90m、中堅97mに拡張されたそうです。

周囲にはすぐ道路があり危険だったそうです。そりゃそうですよね(汗)

ところが、拡張工事もむなしく翌1949年4月26日に開かれた読売ジャイアンツ-大映スターズ戦では、両軍合わせて13本の本塁打が飛び交う乱打戦(1試合両チーム本塁打数・日本プロ野球最多タイ記録)となったため、この年に1000万円をかけて再び拡張。工事は1950年4月に完成し、両翼99.1m、中堅122mとなりました。

何ということでしょう(汗)
皮肉な事に今度は広過ぎて本塁打が出にくくなったそうです。

その後、施設の老朽化やグラウンド設備の陳腐化、周辺地域の宅地化により、1973年11月をもって閉鎖、施設は撤去されてしまいました。

現在は1977年、北陸電力会館 本多の森ホール(昔は石川厚生年金会館)が建設され、コンサートなど市民が集う場所となっています。あの建築家の黒川紀章により、許される建蔽率を最大限利用したため、建物は敷地外郭に沿い扇形をしてます。

私の子供の頃は、そんな事情を知りませんでしたので、石川厚生年金会館に行った時は「なんでこんな形してるんだろう」と疑問に思ったモノでした。

※写真は国土地理院撮影航空写真より引用