金沢城公園

金沢市と金沢城の歴史を簡単に

金沢市も金沢城も前田利家公が作ったものだと思っていましたが、それらの前進は天文15年(1546年)戦国時代の一向一揆で守護の富樫氏を滅ぼした加賀の「一向宗徒」が建立した寺院の尾山御坊(金沢御坊)と、その周辺の寺内町が始まりです。
そして初代金沢城主は前田利家公ではなく、佐久間盛政です。1580年、織田信長の命を受けた柴田勝家の甥・佐久間盛政が尾山御坊を攻め落とし、その地に尾山城(金沢城)を築いたそうです。
その後「賤ヶ岳の戦い」を経て、1583年以降、城主は前田利家公に変わります。
前田利家公が入城した時はまだ城とよべる状態ではなく驚いたそうです。そのためキリシタン大名で有名な高山右近を招き整備しました。
しかし利家公は豊臣秀吉と親友で信頼も厚かったため、いつも秀吉の近くに居なくてはならず、大阪や京に居る事が多かったので、金沢城へはあまり戻れなかったそうです。しかも1599年、関ヶ原の戦い前に利家公が死去されました。

利家公が始めた城の改築は二代利長に引き継がれ、三代利常の代に城下町も整備されて行きました。
そして兼六園は、名君と名高い加賀藩五代藩主前田綱紀がつくらせた大名庭園です。綱紀公の奥様が若くして亡くなりましたが、その後に継室を迎えることはなかったそうです!
また生活困窮者を助けるための施設を作り「加賀に乞食なし」とまで称されました。
刑罰が過酷だった加賀藩ですが、綱紀が寛容路線を進めたそうです。
金沢城も度重なる火災に見舞われる事になります。
◆1602年(慶長7)落雷で天守閣が焼失。代わりに三階櫓を建造
◆1631年(寛永8)城下町の火災で金沢城が焼失
◆1759年(宝暦9)宝暦の大火で金沢城が全焼
この宝暦の大火は、城下町の大部分を焼く尽くした大火でした。
◆1808年(文化5)二の丸火災
◆1881年(明治14)金沢営所より出火。二ノ丸など全焼
現存している石川門と三十間長屋、鶴丸倉庫は、国の重要文化財に指定されています。