前田利家公を祀る尾山神社

金沢の中心部に位置し、加賀藩初代藩主の前田利家公とお松の方を祀る尾山神社。お城の近くでもあるで、もともとこの地にあったのかと思っていましたが、明治時代に卯辰山から移設されました。利家公没後、利長は、その霊を祀ろうとしましたが加賀藩は外様大名だったため公然と祀る事を避けて金沢城の東に卯辰八幡社を建て、ここに合祀しました。しかし藩の財政難のため荒廃し、明治6年金沢城の金谷出丸の跡地に新たに移設・建立されました。元の卯辰八幡社は、明治11年、宇多須神社となり、神前式が挙げられるなど人気の神社となっています。
明治8年に建てられた神門は、和漢洋折衷の3層式で、明治初期に建てられた数少ない「擬洋風建築」。洋風建築と違い「擬洋風建築」はレアなのです。
オランダ人ホルトマンの設計によるものでステンドグラスなど斬新なデザインですが、当時は不評だったそうです。ちなみに先端につけられている避雷針は日本最古のものだそうです。

裏側には旧金沢城の二の丸の唐門であった東神門があります。何度も金沢を襲った大火から逃れ、消失することのなかった縁起の良い門です。彫刻の二匹の竜が水を呼び込んだためと言い伝えられています。残念ながら作者は不明です。
拝殿のすぐ隣にある「金谷神社」は歴代の藩主と正室が祀られています。ここまで藩主が皆神様として祀られているのも珍しいのではないでしょうか。